男性が勃起をする仕組み

物理的に考えてみると凄い。男性が勃起をする仕組みとは!?

勃起する仕組みについて語る医師


男はなぜ、性行為の時に勃起するのか。少しエッチなイメージがつきまとう反面、「普段小さいものが、なぜあんなに大きくなってしまうのか!?」と疑問に思われた経験をお持ちの方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、人間の体の中で、あれほど短い時間で大きくなる部分はありません。物理的に「なぜなんだ!?」と思っても、何ら不思議なことではないですよね。

そこで今回、男性が勃起する仕組みについて、順を追ってまとめていこうと思います。疑問に思われた経験がある方は、ぜひお読み頂ければ幸いです。

勃起するきっかけは性的刺激

EDや勃起不全を患っているかどうかに関わらず、男性は性的刺激が無ければ勃起することはありません。

ED治療薬として有名な「バイアグラ」を飲むと急にギンギンになってしまうイメージもありますが、これは間違いです。たとえバイアグラを服用した場合でも、性的刺激がなければ勃起しません。

性的刺激は、人間の五感によって得られます。視覚、触覚、嗅覚、聴覚などがありますが、一番大きいのは視覚と触覚だと言えるでしょう。

この五感と共に想像力が掻き立てられることで、脳も興奮していきます。この興奮が脊髄の神経を通り、勃起神経へと到達するのですね。

勃起の引き金となる「一酸化窒素」の存在

神経細胞は1つひとつが独立した細胞であり、細胞同士はつながっていません。その間を「神経伝達物質」が行きかうことで、脳からの情報が身体へと伝わっていきます。

神経伝達物質の代表格として有名なのが「ノンアドレナリン」や「セロトニン」ですが、勃起に関わる神経伝達物質として必要不可欠なのが「一酸化窒素(NO)」です。

一酸化窒素は性的な興奮をペニスに伝える役割を果たしており、まさに勃起の引き金とも言える大切な物質なんです。

平滑筋の細胞に作用する一酸化窒素

神経伝達物質の一酸化窒素は、海綿体の平滑筋という部分に働きかけます。海綿体には空洞がたくさんあるのですが、それ以外の部分は筋肉細胞である「平滑筋」や血管によって成り立っています。

平滑筋が一酸化窒素によって作用されると、GMP(サイクリック・グアノシン・1リン酸)という物質が出来上がります。

このGMPが平滑筋の細胞を弛緩(シカン)させると、海綿体の空洞に血液が流れ込んでいきます。そして、ペニスは勃起するわけです。

つまり、性的刺激によって神経伝達物資である一酸化窒素が分泌され、これがペニスの海綿体にある平滑筋に働きかけます。

するとGMPという物質が生まれて平滑筋が弛緩し、動脈から血液が一気に流れこみます。これによって男性のペニスは物理的に勃起するのですね。

男性の勃起は一見簡単そうに思えますが、その仕組みは予想以上に複雑なものであることが解かります。

厳選!ED治療・改善に効果的なサプリメント一覧

バリテイン ・200種類の天然成分を配合。

・トナカイ角、スッポン、L−シトルリンなどの成分も。
・各成分の吸収率も追及している。

極GOLD ・L−アルギニン、L−トリプトファンなどの4大重要成分を配合。

・牡蠣エキス、マカ、トウガラシエキス等も入っている。
・日本の製造工場からお客様へ直接発送。

ゼノファーEX ・アルギニンと一酸化窒素の相乗作用により、ED改善を目指す。

・モニターテストで97.2%の方が体感済み。
・高品質天然成分を贅沢配合。

ビガリス ・創業65年の製薬会社「芳香園製薬」が作ったサプリメント

・マカやトンカットアリなど、注目成分の配合量が多い。
・一時的な対処ではなく、根本的な部分をサポート。

GHプレミアム ・10年以上かけて発見した、5つの栄養素の組み合わせを実現。

・国産24種類の栄養素を凝縮。
・お客様の声から誕生したサプリメント。

クラチャイダムゴールド ・東南アジアの貴重な植物「クラチャイダム」から作られた。

・アルギニンやBCAAなど、ED改善に役立つ成分も豊富。
・鉄分やポリフェノールなどの栄養素もたっぷり含まれている。


 

ED 治療TOPページに戻る