EDを促進してしまう活性酸素

EDを促進してしまう活性酸素

勃起不全を促進してしまう悪い物質の1つに「活性酸素」があります。活性酸素は、血管や神経の細胞にも障害を与えます。活性酸素によって血管が傷つけられてしまうと、血管は十分なNOを分泌することができません。

このことはEDの原因だけでなく、多くの生活習慣病になっていると言われています。

通常、活性酸素は抗酸化物質によって消去されるのですが、活性酸素の量が多くなると消去されない活性酸素が体内に残ってしまいます。この状態を酸化ストレスと言うのですが、酸化ストレスが高ければ高いほど、EDや生活習慣病になりやすいのです。

交感神経を休ませよう

男性が勃起しやすいのは、心身がリラックスしている時、つまり副交感神経が働いている時です。

外界から強い刺激を受けていたり、激しい興奮状態にある時は交感神経が働いており、なかなか勃起することはできません。

交感神経とは、敵を目の前にして逃げるか戦うか葛藤しているような状態の時に活性化する神経です。緊張状態にある時は交感神経が活発に働きます。

交感神経が活性化している時は、勃起がしにくいだけでなく、夜なかなか眠れなかったりします。また、常に交感神経が働いている状態が続くと、仕事のONとOFFの区別が付かずに、ストレスを溜めてしまうことにもなりかねません。

また、交感神経が働くのは興奮や緊張している時だけでなく、パソコンやゲームをしているとき、仕事が忙しいときなども交換神経が働いています。

現代社会においては交換神経が働いてしまうのは止むを得ないことなので、時にはゆっくり休み、リラックスして副交感神経を優位にすることにも努めましょう。

心筋梗塞や脳梗塞とEDの関係

EDは男性が最初に感じる生活習慣病の症状の1つだと言われています。

私達の体内で脳卒中を引き起こす動脈の太さは、5mm〜7mmぐらいあります。また、急性心筋梗塞を起こす動脈の太さは、3mm〜4mmぐらいあります。

一方、ベニスの動脈は1mm〜2mmと本当に細いです。このため、動脈硬化などの生活習慣病は、最もデリケートな血管とも言えるペニス周辺の血管に表れるのです。これが、原因となってEDになります。

逆に考えれば、脳梗塞や心筋梗塞を発症した人は、全員EDであるということも言えます。EDに早い段階で気付いていれば、脳梗塞や心筋梗塞の予防につなげることも可能になります。

厳選!ED治療・改善に効果的なサプリメント一覧

バリテイン ・200種類の天然成分を配合。

・トナカイ角、スッポン、L−シトルリンなどの成分も。
・各成分の吸収率も追及している。

極GOLD ・L−アルギニン、L−トリプトファンなどの4大重要成分を配合。

・牡蠣エキス、マカ、トウガラシエキス等も入っている。
・日本の製造工場からお客様へ直接発送。

ゼノファーEX ・アルギニンと一酸化窒素の相乗作用により、ED改善を目指す。

・モニターテストで97.2%の方が体感済み。
・高品質天然成分を贅沢配合。

ビガリス ・創業65年の製薬会社「芳香園製薬」が作ったサプリメント

・マカやトンカットアリなど、注目成分の配合量が多い。
・一時的な対処ではなく、根本的な部分をサポート。

GHプレミアム ・10年以上かけて発見した、5つの栄養素の組み合わせを実現。

・国産24種類の栄養素を凝縮。
・お客様の声から誕生したサプリメント。

クラチャイダムゴールド ・東南アジアの貴重な植物「クラチャイダム」から作られた。

・アルギニンやBCAAなど、ED改善に役立つ成分も豊富。
・鉄分やポリフェノールなどの栄養素もたっぷり含まれている。


 

ED 治療TOPページに戻る